Paranaviトップ お仕事 働き方 “片付けが好き!” 育休中に発見した意外な趣味がパラレルキャリアに

“片付けが好き!” 育休中に発見した意外な趣味がパラレルキャリアに

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

メルカリのリーガル担当と片付けコンサルト、そして1児の母という3足の草鞋をはくyokoさん。ずっと趣味でやっていた“片付け”がどうやって仕事になっていったのか。前編に続き、リアルなパラキャリの始め方を教えてもらいました。


育休中に気づいた“片付け”というパラキャリの可能性

――「片付けコンサルタント」のお仕事を始めたきっかけは?

yoko

物心ついたときから片付けが好きで、小学校くらいから人の家を片付けたりしてたんです(笑)。当時は、片付けが得意とか好きという感覚はまったくなくて、母と理想の家の間取りを描いて遊ぶっていうのが好きな子どもでしたね。2017年の育休中に仕事として本格的にお金をいただいてやるようになりました。それまでは、趣味として社会人になってからも時々友達の家を片付けに行ったりしていたんですけど、育休中にふと、自分がやりたいことってなんだろう?と携帯の検索履歴を見ていたら、全部インテリアとか収納関係のことだっていうことに気が付いて。そこで初めて「仕事にしよう」と思って、すぐブログを立ち上げました。その後は体系的に相手に片付けスキルを伝えられるようになるため、整理収納アドバイザー1級や防災備蓄収納1級プランナーの資格も取得しました。

――趣味でやっていたときも発信はされていなかったんですか?

yoko

そもそもインテリアや片付けが「趣味」とか「得意」という自意識がまったくなかったので、していませんでした。片付けが好きということすら公言していませんでしたね。なので有名でもない私がいざ仕事にしようと思ったときに、すぐにできるのは小さな発信かなと思って。まずは、依頼してくださる方を見つけるために、自分がどんな人間で、どんなことができて、どんな実力があるのかを証明できるものを出さなきゃと思って始めました。

――そこから実際のお仕事につながっていきましたか?

yoko

そうですね。産後4カ月くらい経った頃に思い立って、週に1、2回くらい更新していきました。ブログの内容としては、自宅のインテリアや片付け方を紹介したり、実際にモニターになっていただいた方の家の様子をビフォーアフターで載せたりしました。最初は、LINEブログで始めたんですけど、毎週上げてたら、たまたま記事がLINEニュースで取り上げられたことがあって、そこから知らない人からも問い合わせが来るようになって、仕事が広がっていきました。今は、ほとんどそこでつながったお客さん経由でお仕事させてもらっている感じですね。

――お客さんの口コミでつながっていったんですね。

yoko

最初にお客さんになってくれた方が自分のSNSに書いてくれたり、職場で片づけてもらったという話をしたら、それを聞いた人が問い合わせてくれるというのが2年ぐらい続いていて、月に何人かずつゆっくりやってます(笑)。

――現在どのくらいの頻度で片付けのお仕事はされていますか?

yoko

今は月に2~3組で、基本的には土日でやります。今年もありがたいことにお問い合わせをいただいて、順調にお仕事をさせていただくことができました。
私が片付けコンサルタントとしてお仕事をしている間は、夫と息子の蜜月の時間ですね(笑)。何度か「人の家片付け過ぎかな……?」と彼に相談したのですが、「息子と2人だけでいろんな場所にいけるのが楽しいからまったく気にしないで!」と言ってくれました。パパ生活を満喫してくれているようで本当にありがたいです。ただそうは言っても、夫もすごく忙しい人なので、彼の負担も大きかったかなと、ちょっと反省しています。なので今は月1〜2ぐらいのペースでお仕事をお請けしています。

アクションを起こして“ただ好きなこと”を仕事に

――それこそ、両立が大変だと感じることはありますか?

yoko

それが、全然ないんです。むしろ逆で、軸が複数あるからこそ支えられています。夫婦ともに「人生楽しんだ者勝ちでしょ!」とゆるい感じで……(笑)だからもし家庭のことをすべて女性に押し付けるパートナーだったら、私のパラレルキャリアは難しかったと思います。
あと片付けに行くときは、「祭りだぜ!」みたいな感じなので(笑)。緊張はしますけど、すごく楽しみなことだから、頑張って両立してるという感覚はないですね。お金を稼ぐのが目的になっていたら、変わってくるのかなと思うんですけど。

――yokoさんは片付けのお仕事も個人レッスンがメインですよね?

yoko

そうですね。整理収納アドバイザーって仕事の仕方が2つあって、ひとつは個人向けの仕事と、もうひとつが講師の仕事。私は、やっぱり片付けること自体が大好きなので、お客さんと一緒に片付けていたいタイプですね。片付け講座もご依頼をいただいてお請けしたこともあるのですが、やっぱり実際にお客さんのご自宅にうかがって、いろんなことをお話しながら、その人のライフスタイルに合った家づくりをサポートすることにやりがいを感じています。

――パラレルキャリアを始めたい人にアドバイスをお願いします!

yoko

まず“なにかやる”ことですね。いちばんだめなのは考えているだけ。あと人に話を聞くだけ、調べるだけ。とりあえず、何かやる予定を作っちゃうことが大切ですね。ブログやSNSに何か発信すると情報が集まってくるのかな? 私も最初にfacebookで発信してみたら友達から片付けを依頼したいというアクションがあって仕事につながったことがあります。
あとは仲間を作ること!私は26歳で出産したので、当時年齢的にまだママになっている同級生が少なく、友人の中にパラレルキャリアをやっている人もほぼいないことがネックでした。だからオンラインサロンに入ったりして同じ目線で話せる人とつながるようにしました。世のワーママたちって忙しいのでオフラインではなかなか会えませんが、オンラインサロンだったらいつでもどこでもフラットにつながることができてとても助けられました。一人でパラレルキャリアをやるのって孤独なので、私はそういう人間関係にすごく支えられていますね。

yoko(ようこ) ● 幼少期からの片付けやインテリア好きが高じて、育休中に“片付けコンサルタント”として仕事を始める。その後、リユースの世界観に惹かれ株式会社メルカリに転職。リーガル担当として、平日は週5日フルタイム勤務をしながら、1児の母として育児もこなすやりくり上手なママ。整理収納アドバイザー1級。

yokoさんのinstagramはこちら

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

杉森 有規
Writer 杉森 有規

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top