Paranaviトップ お仕事 働き方 「UNPLAN Kagurazaka」ちょい旅気分で仕事する“東京ワーケーション”のススメ

「UNPLAN Kagurazaka」ちょい旅気分で仕事する“東京ワーケーション”のススメ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

新型コロナウイルスの影響によってテレワークをはじめとした働き方が浸透し、ワークスタイルも多様化してきた昨今、改めて注目されている「ワーケーション」をご存じでしょうか?「ワーク」と「バケーション」を掛け合わせた造語で2000年代にアメリカで始まったとされています。一般的なワーケーションというと、どこかのリゾートでゆったり旅を楽しみながら仕事をするというスタイルですが、実際には対面の会議やアポが入ってしまったり、まとまった休暇をとるのが難しかったりするのが現実ではないでしょうか。そこで、今回は「東京ワーケーション」と題して、遠くに行くのは難しいけど、会社の近くや出張先でちょっぴり気分を変えてお仕事&ステイができるワークスポットをご紹介! いつもの自宅やオフィスを飛び出してプチ旅行気分を味わえば、仕事もはかどって新たなアイデアに出会えるかもしれません♪

神楽坂で海外旅行気分になれる無国籍ホステル

UNPLAN神楽坂

神楽坂駅徒歩3分。オフィス街から少し入ったところにある「UNPLAN Kagurazaka」は、2016年にオープンした「無国籍」ホステル。外国人の利用者も多く、異国情緒あふれる店内はさまざまな言葉が飛び交うまさに出会いの場。入ってすぐのラウンジスペースでチェックインをしたら、2階/3階が宿泊スペース。部屋で寛ぐもよし、ラウンジでランチやディナーを楽しむもよし、一杯飲みながら仕事するもよし。1人でも仲間とおしゃべりしながらでも各々が自由にくつろげる空間になっています。

自由度の高いワークスペースで効率アップ

1階のラウンジはパブリックオープンで昼はカフェ、夜はバーとして営業しています。もちろんホテル全フロアにてWi-Fi(無線LAN)が無料で使用できるので、いつもと違うボーダレスな雰囲気を味わいながら作業ができます。コンセントつきの席も完備、ほかにも、のんびり寛げるソファ席やスタンディングなどお好みで選べるのも嬉しいところ。
カフェではバリスタが厳選したスペシャリティコーヒーでホッと一息つけるのもこちらのポイント。ドイツやベルギーなど世界各国のクラフトビールや150種類以上のカクテルが選べるバーで飲みながら仕事……なんていうのもワーケーションの醍醐味ですね。集中して作業したいという人には、ドミトリーよりも個室タイプの部屋がおすすめ。部屋にはテーブルはもちろん、テラスもあるので天気のいい日は外に出て快適に仕事ができます。

料金/スペース/設備/アメニティ/サービスなどの詳細

気になるお部屋は全部で3タイプ。
お気軽ステイなら、男女兼用/女性専用のドミトリー(ロッカー完備・女性専用シャワールーム・洗面所・脱衣所あり):4,500円~。フロアごとにテンキーを押して入ります。各ベッドにはPCなど貴重品を入れるセーフティボックスも付いているので、ドミトリーといえどセキュリティ面もしっかりしています。清潔なシャワールームは各女性専用ドミトリー内、もしくは2階にもあり24時間使用OK。その他、ランドリールームは 8:00~23:00まで使えます。

ゆったりとした個室がお好みなら、ファミリールーム(定員4名・シャワーやトイレ、金庫、冷蔵庫など完備)19,800円~や、ダブルプライベートルーム(定員3名・シャワーやトイレ、金庫、アメニティなど完備)19,800円~がおすすめ。今回、あちゃこことパラナビ の飯田はこちらのダブルプライベートルームに宿泊しました。
個室には専用トイレ・バスルーム付きでアメニティも充実。シャンプー、コンディショナーはオリーブの葉、レモン、バジルなどの自然の恵を配合した、5つ星ホテルと同等のものを使用しているんだとか。歯ブラシやシャワーキャップなども完備されています。外の空気が吸いたくなったら、テラスに出て気分転換もできます。

3階奥にあるコモンルームには冷蔵庫、電子レンジ、ケトルやフォークナイフなどもあり、持ちこみの軽食などを食べるのにもぴったり。テーブルやソファ席などもあるので、自由にくつろぎながら居合わせた人たちとの会話も楽しめそうです。

「UNPLAN Kagurazaka」に宿泊体験レポ

あちゃこ

今回私は、HafHというサービスの「おためしHafH」プランを使って宿泊しましたが、1泊なんと1500円と破格でした…!(※通常の宿泊と料金は異なります。) 価格はもちろん、アメニティにヘアバンドまでついていたり朝食用にグラノラを頂けたり ホスピタリティとサービスが良すぎて感動! カフェスペースはもちろん、テラスでゆったりと仕事ができたり、本当にちょっとした旅気分でリフレッシュできましたね。
あとは、入口でのアルコール消毒など、コロナ対策もしっかりされているところも好印象でした。1人合宿のために都内のビジネスホテル泊まる人が多いと思いますが、絶対「UNPLAN Kagurazaka」を利用するべき!と言いきれるくらい、おすすめのステイ先です♡

ワーケーションでお得に泊まるならHafHが便利!

あちゃこ(飯田)がアンバサダーを務める「HafH(ハフ)」、皆さんご存じでしょうか? 好きな時に、好きな場所で働くための、住まいが見つかる定額制住み放題サービスです。「HafH」の拠点はなんと世界中に300以上(2020年9月現在)あり、日本国内では全都道府県を網羅しています。パターンも「おためしHafH(2泊/月)¥3,000」「ちょっとHafH(5泊/月)¥16,000」「ときどきHafH(10泊/月)¥32,000」「いつもHafH(1ヶ月滞在可能)¥82,000」と幅広いプランから選べます。今なら、おためし以外のプランはGo Toトラベル事業支援対象になり、35%オフで更にお得!詳細は、こちらより。
このお得な機会に、自分のライフスタイルに合った場所を見つけてみるのも楽しいかもしれませんね。

HafH

コミュニティマネージャー

はるかさん

新型コロナウイルス感染拡大によってHafHの利用者も一時落ち込みましたが、8月は過去最高の予約受付数・新規登録者数を記録しました。緊急事態宣言の影響で4月ごろから始まった「在宅勤務」が現在はさらに一歩進んで、外に出て好きな場所で仕事をする、本来の意味での「テレワーク」の流れが来ているように思います。HafHと提携している宿泊施設は、まず「働きやすさ」を重視して、Wi-Fiやコワーキングスペースがあるかなど仕事がしやすい環境があるところを前提にしています。その上でHafHらしさというか、仕事と余暇をどちらも楽しめる場所を世界各地に増やしていければと思っています。

UNPLAN Kagurazaka のほかにも!

働く女子おすすめのHafH拠点3選♡

・葉山 うみのホテル
・エンブレムフロー箱根
・ホテルグラフィー根津

詳しくはHafH公式ホームページをチェック!

UNPLAN 神楽坂

UNPLAN 神楽坂

「UNPLAN Kagurazaka」

〒162-0808東京都新宿区天神町23-1 神楽坂駅徒歩約3分

03-6457-5171

チェックイン16:00 (最終チェックイン:19:00)
チェックアウト11:00

[月-木]
カフェ: 10:30-18:00
ラウンジ: 18:00-23:00(L.O22:30)
[金-土]
カフェ: 10:30-18:00
ラウンジ: 18:00-24:00(L.O23:00)
[日]
カフェ: 10:30-19:00(L.O 18:00)

 

UNPLAN Kagurazaka

 

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

杉森 有規
Writer 杉森 有規

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top