Paranaviトップ ノウハウ お金 「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の、世界一わかりやすい経済講座

「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の、世界一わかりやすい経済講座

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「#世界最速で日経新聞を解説する男」としてバズりまくっている、セカニチこと南祐貴さん。この春、初の著書『世界一面白くてお金になる経済講座』を大手ビジネス系出版社・ダイヤモンド社から出版しました。初版6000部が大型書店で売り切れ続出、発売から6日目で7000部の増刷が決定! と大ヒットを記録して、話題を呼んでいます。そんなセカニチさんに、私たちの生活を直撃している「値上げラッシュ」への対策や、最近よく聞く「円安・原油高・インフレ」について聞きました。「投資しないことがリスク」というセカニチさんが自信を持ってオススメする、インフレ対策とは?

人生をかけてつくった本!投資のコツから日経新聞の闇まで

さくら

セカニチさん、ついにご著書を出版! おめでとうございます。忖度なしに社会をぶった斬っていく“セカニチ節”全開で、すごく読みやすかったです。
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

ありがとうございます! 僕が人生をかけてつくった本です。オンライン授業のSchooで「ベスト先生・ベスト授業」を2年続けてW受賞したり、コツコツnoteを書いたりしてきた甲斐がありました。

さくら

ほんわかしたイラストがたくさん入っていて、経済や投資に詳しくない人にも親切だなと思いました。カラーもかわいいです。
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

それはよかったです。ちなみに「ふるさと納税」「確定申告」についても1万字くらいずつ書きましたが、ページ数の関係で泣く泣く削りました。いつでも2冊目を出せます! 出版社さん、お待ちしています!

値上げラッシュ対策は「米国株を買うこと!」

さくら

大ヒット書籍で注目のセカニチさんに、さっそく相談したいことがあります。
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

パラナビ読者さんにはなんでもしゃべりますよ。どうぞ!

さくら

この春の値上げラッシュにびっくりしていたら、いつの間にか夏が来ていました。電気代も食費もガソリン代も、ぜんぶ上がっていますよね。私のような普通の人にもできる、インフレ対策はありますか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

結論から言うと、対策は「米国株を買う! 投資する!」です。僕がいつも言っているのは「投資しないことがリスクになる」ということ。物価高対策をしたいなら、とにかく米国株を買いましょう。はっきり言って、買わない人は損してます。 

さくら

どうして米国株を買うことが、物価高への対策になるんですか? 
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

今、経済面でダントツ強い国がアメリカだからです。唯一アメリカの物価に食いついているのがイギリス、EU諸国(ドイツ・フランスなど)で、予測不能なのが中国。 日本は、昔は強かったんですがずるずると落ちていって、今は中国に抜かされて、経済力ランキング第3位に甘んじています。日本が1位・2位に再浮上する見込みはゼロです。

#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」

経済が強い国の株を買うことが、物価高対策になる

さくら

なるほど! アメリカだけがそんなに強いのはなぜですか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

アメリカが、世界中の人が毎日利用する新しい産業を生み出したからです。「GAFAM」って聞いたことありますか? Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft。この5つの企業が、IT企業の雄として世界に君臨しています。

さくら

全部知ってます! 毎日、iPhoneGoogle マップを開いて移動していますし、Amazon Prime Videoもよく見ます。 
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

そうです。GAFAMのような莫大な利益を生んでいる企業が、アメリカに集中している状態です。そりゃアメリカ経済全体が強くなるわけですね。

「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の、世界一面白い経済講座

さくら

ふむふむ。経済が強い国の株を買うことが、物価高対策になるというのはどういう理屈なんでしょうか。
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

経済が強い=株価が上がる見込みがある、ということだからです。例えば物価が毎年3%上がるとしても、自分が持っている会社の株価が8%上がっていれば、資産としては合計でプラスですね

銘柄に迷うなら、自分の好きな商品を生み出している企業の株を選んでみては? 例えばiPhone信者なあなたはAppleを、インスタグラマーなあなたはメタ・プラットフォームズを。僕のイチオシはMicrosoftです! Office製品もクラウド分野も世界最強企業です。

さくら

でも、GAFAMの株って高そう……。庶民でも買えますか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

意外と高くないですよ。AppleやMicrosoftの株なら1株2〜3万円で買えます。まずはお試しに1株から、ぜひそのほかにも「外貨を稼ぐ」という策もあります。外国人向けにガイドやコンサルをしたり、外資系企業に転職したり、ですね。転職を考えている方は、外資系企業を必ず見ましょう。

「円安・ドル高」は生活に直結する重大問題 

さくら

インフレ対策には米国株投資! と肝に銘じます。ではそもそも、どうして今こんなひどい値上げラッシュが起きているのでしょうか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

さくらさんが気にしている物価高の原因はいくつかありますが、なんといっても「円安・ドル高」の影響が大きいです。円安とはつまり、日本円が世の中に大量に供給されていて、価値が落ちているのです。今年5月、1ドル=131円代という、実に20年ぶりの「超円安・ドル高」を記録しました。

「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の、世界一面白い経済講座

さくら

円安、確かに最近よく聞きます。今、なんでそれほど円安になってるんでしょうか。
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

為替は円とドル、つまり日本とアメリカの経済力(中央銀行の政策)によってほぼ決まります。今はアメリカ一強で、アメリカの中央銀行(FRB)も強気の姿勢です。利上げしても崩れない経済の強さに自信がある。一方で日本は経済力に不安があり、中央銀行(日銀)は利上げできません。その結果、アメリカは金利3%、日本は金利0%です。
世界中の巨大投資家たちが、儲からない日本国債ではなく、儲かるアメリカ国債を欲しがるのは当然ですよね。日本円を売ってアメリカドルを買っているのです。日本円がアメリカに比べて弱いので、円安・ドル高になっているわけです

さくら

円安で、日常生活にどんな影響があるんですか? 海外旅行に行きづらくなるのはわかりますが、どうせコロナ禍では当分行けそうにないので、まあいいかと思っていました。
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

円安は僕たちの生活に直結する、超重大な問題です。海外旅行もそうですが、輸入製品の値段が全体的に上がります。くに、小麦粉とかガソリンのように海外輸入の依存率が高いものは値上げ不可避ですね。円安を回避するために、日銀は「利上げ」といって、金利を上げることで円の価値を上げることができますが、政府はいっこうに利上げをしそうにありません。

#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」

さくら

えぇ……。どうしてですか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

利上げをすると、その国の株価が下がるからです。大企業は、銀行から低い金利で多くのお金を借り入れれば、ビジネスを広げたり新しい事業を生み出すことができます。逆に金利が上がれば、業績悪化のリスクが生まれて、株価が下がるというわけです。とくに輸出型のビジネスをしている企業にとっては、円安が有利。

典型的なのが自動車業界ですが、商品を作って輸出している企業は、外貨をたくさん持っています。例えば100万ドルの利益を得たとして、1ドル=100円と1ドル=125円では、日本円に換算したときの利益の額が、25%も変わるわけです。円安に有利な企業は、トヨタ・ソニー・キーエンス・総合商社・半導体関連の企業などです。

さくら

なるほど! 円安は、外貨を稼げる大企業にとっては【朗報】なんですね。でも、政府がそんなに企業の顔色を伺っているのはなぜですか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

株価が下がると、次の選挙の時に、経営者や投資家たちの票を失いかねないからです。シンプルですね。ちなみに、日本と違って、アメリカは利上げをしています。そもそも国全体の経済が絶好調だから、利上げをしたって問題ないだろうと。そういう意味で、アメリカ市場はすごく健全だと言えます。GAFAMのような最強企業にもちゃんと第三者からの監視が入るし、もちろん忖度なんてありません

今日本で起きている「ヤバすぎる事態」

セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

そしてさらに付け加えると、今日本で起きていることは、本当に激ヤバです。

さくら

えっ。もう聞くのが怖いんですが、何がどう激ヤバなのでしょうか。
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

すでに超円安なのに、株価も下がっているという事実です。これまでは日本銀行と日本政府は、円安に誘導することで株価を高く保つ「いい円安」をつくっていたのに、今は「悪い円安」になっちゃった。
原因は2つ。日本とアメリカの経済格差が広がりすぎたこと、そして、安倍政権時代から本質的な経済政策を後回しにし続けてきたツケがきていることだと思います。

さくら

アベノミクスのツケを、今払わされていると……。でも、円安にも何かしらメリットはあるはずですよね?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

円安にもメリットはあります。円安だと、外国の方が日本に来て爆買いしてくれるようになり、観光産業やホテル、航空、小売業界などが潤いますよね。でも今は、コロナ禍で外国の方が日本に来られない。そして超円安だから、日本人の生活コストが上がって、電気代・ガソリン代・食費も上がって苦しくなる。円安のメリットをまったく生かせない、いわば「疑似鎖国」です。はっきり言って、詰みです!

「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の、世界一面白い経済講座

「円安×原油高」のダブルパンチ

セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

物価高の原因は、円安のほかにもう1つあって、すべての経済活動のベースになる「原油」の価格が上がっていることです。原油は僕たちの生活のすべてに関係していて、モノをつくることも運ぶことも、食品用の動物や野菜を育てることも、電気をおこすことだって、原油がなければできません「円安×原油高」の掛け算で、今後もかなり深刻な物価高が進んでいく状況です。

さくら

ガソリンスタンドの横を通るたびに、ガソリンの価格が上がっていることはなんとなく感じていました。なぜ今、原油が高騰しているんですか?

「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の、世界一面白い経済講座

セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

モノの価格が上がる理由は「供給が減る」「需要が増える」の2つしかありませんが、今回の原油高騰は、この両方が同時に起きている最悪のパターン。エネルギー大国・ロシアの動向が読めない状況なので、世界中で石油・液化天然ガス(LNG)の奪い合いが起きるだろうと見込まれて、値上がりしているんです。アメリカのように経済が強い国は、原油が高騰しても買えますが。

さくら

この値上げラッシュ、いつになったら終わるんですか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

終わるどころか、まだ序章ですよ。でも、物価が高いというのはつまり「経済が強い」ことの証です。「値上げ=嫌なこと」と思われがちですが、物価が上がることで、企業の株価や私たち従業員のお給料も上がるので、長い目で見ればポジティブなこと。経済が健全に成長していくために必要な動きです。それにそもそも、日本はモノの値段が安すぎた。それが正しい方向に修正され始めたのだと、僕は思います。

#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)の「値上げラッシュ&超円安の今、米国株を買わない人は絶対損してる!」

日本株を買うなら…注目の業界は3

さくら

米国株のお話ついでに教えてほしいのですが、日本株はダメなんですか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

そんなことないですよ。日本で希望がある業界は3つ、「ゲーム」「アニメ」「半導体」です。日本のこの3業界から、次のGAFAMが生まれる可能性もあるかも?

さくら

日本がゲームやアニメに強いのは納得です。半導体もですか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

iPhoneのカメラに使われている半導体はソニー製ですし、東京エレクトロンは、この10年で株価を10倍以上に伸ばしている超優良銘柄ですよ! 半導体はスマホやPCをはじめほぼすべての電化製品に入っていて、僕たちの日常生活に絶対欠かせないものです。機械の内側だから目に見えませんが、私たち全員が必ず毎日触っているのです。

さくら

その3業界のほかにも、日経平均株価に選ばれている企業の株なら安全ですか? っていうか、日経平均株価ってそもそも何ですか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

日経平均株価は、日本経済新聞社が選んだ上場企業「225社」の株価の平均です。注意してほしいのが、国全体の基準みたいに思われている日経平均株価にも、欠点はあるんですよ。

さくら

欠点……225という数字が半端すぎること?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

半端ですがそこではありません(笑)。企業によって、日経平均株価に対して持っている影響力に大きすぎる差があることです。影響力の大きいTOP2は、東京エレクトロンとファーストリテイリング(ユニクロ)です。ちなみに225位は東京電力。東京エレクトロンと東京電力の影響力の差は、2000倍以上です。

さくら

影響力の低い企業は、日経平均株価の算出から外したらいいんじゃないでしょうか?
セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

本当にそうで、下位100社は成長が鈍るか止まるかしていますから、ぐんぐん伸びている企業と入れ替えるべきです。でも、日経新聞社の方針で、入れ替えは「1年に3社まで」。これじゃ健全になるまでにあと30年かかります(笑)。日経新聞は、なぜ1年に3社までしか入れ替えないか? それは、著書『世界一面白くてお金になる経済講座』にしっかり書いていますので読んでください。僕、日経新聞の闇を語り始めたら長いですよ。なんといっても「#世界最速で日経新聞を解説する男」として毎日愛読していますから。

さくら

日経新聞にも闇があるなんて……。いろんなものの裏を見たくなってきます。というのはさておき「米国株を買う、外貨を稼ぐ」がインフレ対策になるとよくわかりました。できることから対策したいと思います!

イラスト:ゆん

※最終的な投資決定は、投資をする方ご自身の判断・責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。

セカニチの「米国株買わない人は絶対損してる!」超円安と値上げラッシュの深い関係

南さん初の著書、絶賛発売中! 南さん節満載で、誰でもさらっとすぐに読めます。Amazonリンクはこちら! 

南祐貴(みなみ ゆうき)●Koru-workers株式会社 代表取締役。1989年 東京都調布市生まれ。2012年に大手広告代理店に入社、約6年勤めて、自由になるため退職・起業。クラウドファンディングなどで資金を集めて高輪ゲートウェイ駅近くに港区高輪で初のゲストハウス『Koru Takanawa Gateway』をオープン。同時に、経済や投資をわかりやすく解説する「#世界最速で日経新聞を解説する男(セカニチ)」を開始。生放送コミュニティ・オンライン学習サービスの「Schoo」では、国内最大級6200本の授業から「ベスト授業&ベスト先生」の2冠に輝く。本書が初の著書。各SNSで毎日情報発信。インスタグラムのフォロワーは2万人以上。

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

さくら もえ
Writer さくら もえ

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top